8月2日(日)入所棟で、「スイカ割り」を行いました。


 前日から、スイカ割りを楽しみにしておられる方がたくさんみえ、スイカを用意すると「やっと、始まるか」とやる気マンマンのご様子。

 おひとりおひとりに、プラスチックのバットで、スイカを割っていただくのですが...
「勿体ないで、たたけやんわ~」「こんな固いスイカは割れへんわ」と、少し躊躇する声も聞かれ、なかなか、割ることできませんでした。


DSCN0348

 それでも、「この!この!」「そりゃ!えい!」「割れろ!割れろ!」など大きな声をあげながら、力一杯スイカをたたき、やっと割ることができました。


DSCN0355



 午前中に割ったスイカは、いったん種を取り食べやすい大きさにカットして冷蔵庫で冷やして、午後におやつとして見仕上がっていただきました。「甘くて美味しいわ~」「冷たくて旨い!おかわり!」との声が聞かれ、たくさん召し上がっていただきました。


 夏の風物詩である「スイカ割り」を体験していただき、外出がままならない中で季節を感じていただき、おやつとして召し上がっていただくことにより、味覚でも夏を感じていただきました。




                                                      記事担当:入所棟 松井
                                                             事務所 豊田


  7月26日(日)に入所棟で、風鈴つくり体験と季節の生け花教室の行事を行いました!


  まずは午前中に「風鈴つくり」に挑戦しました♪
施設の中ではどうしても季節感を感じることが難しいですが、少しでも夏を感じていただきたく、風鈴づくりを行いました。

DSCN0289
CIMG1559

 綿棒を使い絵の具で色を付けたりシールを貼ったりと、世界に1つしかないオリジナルの風鈴を作成していただきました
 最初は戸惑いながら「どうやって塗ったらええの?」「先生見本見せて!」と恐る恐る色付けをされていましたが、塗り進めていくうちに「凄い綺麗に塗れたわ!」「もっと塗りたかったわ」と楽しんでおられました(^^)


色付けが終わり、完成した作品がこちら!

DSCN0306



DSCN0317

 完成後は扇風機の前に飾り、風鈴の音を実際に聞いていただくと、「いい音やなぁ」と風鈴の音色を楽しんでおられました。



 午後からはスカシユリの生け花を行いました
季節感を視覚で感じるだけでなく、お花のいいにおいを嗅覚からも感じていただくことで、リラックスしていただくために生け花を行いました。


DSCN0308
CIMG1601


 スカシユリの香りがフロア一帯に広がり、「いい匂い」という声があちらこちらから聞こえてきました。
そんな中、カタツムリの赤ちゃんがお花の中に紛れており、小さなゲストの登場に皆様も喜ばれておりました(*^^*)!



                                記事担当  入所棟2F 松井
                                      入所棟3F 川北
                                      事 務 所 稲垣


 7月22日(水)、通所リハビリテーションで、7月の誕生日会イベントとして「ハーバリウム作り」をしました。
 ハーバリウムとは、植物標本の集積を意味する言葉です。植物の標本といえば、乾燥処理が施された植物を台紙に貼り付けられたものが一般的ですが、素材によってはアルコールや他の防腐剤に浸して保存されるもの(液浸標本)もあります。

ハーバリウムは、インテリア装飾性の高いガラス瓶とシリコンオイルや流動性パラフィンなどを用いて、鑑賞目的で製作された植物標本のことを言います。

 今回、通所リハビリテーションでは、ベビーオイルを使用して作ることにしました。

 まずは、用意された瓶に少しだけオイルを入れた後に、ドライフラワーを入れていきます。ピンセットをご用意できればよかったのですが、今回は割りばしで挑戦。細かい作業は、手先のリハビリになります。配置を考えながら、色とりどりの材料を瓶の中に並べていきました。

DSC08230



DSC08229



 「もうちょっと、赤い花が欲しいわ」「うまいこと入って行かへんなぁ...」「ちょっと、これ(代わりに)入れてんか」と、作業中も賑やかな声が聞かれました。


 瓶に綺麗な花や材料を並べたら、そっと、オイルを流し込みます。オイルを流すと、中の材料の発色がより鮮やかに見えます。

BlogPaint


 「きれいやなぁ~」「楽しかったわ」「一緒に作ってくれたで、良かったわ」と出来上がったハーバリウムを見ながら、皆さまは思い思いに感想を話していらっしゃいました。


DSC08239


 出来上がった作品のほとんどは、は涼し気でありながらも、目が覚めるようなビビットな配色。
なかなか、お洒落な出来栄えでした


                                                         イベント担当 黒宮
                                                     記事担当  事務所 豊田

↑このページのトップヘ